パワーポイント 図形 塗りつぶし

PowerPointでは主に、文字と図形の塗りと枠線といった3箇所へ自由に着色することができます。新規にファイルを作り、文字を打ち込むと黒が標準設定の色として適用されます。図形を作った場合にも、初期設定の塗りつぶし色と枠線の色が青系の色で適

注: 図形が既に目的の色の単色で塗りつぶされている場合は、次の手順が最も効率的です。 [描画ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で [図形の塗りつぶし] をクリックし [グラデーション] をポイントして、グラデーションを選択します。 塗りつぶしを変更したり、影、光彩、反射、ぼかし、面取り、3 次元 (3-d) 回転などの効果を追加したりすることによって、図形またはテキスト ボックスの外観を変更することができます。 PowerPoint(パワーポイント)で作成した図形の中に画像・写真を埋め込む方法です。 塗りつぶしを使う jpeg、png、gifなどのファイルを図の形に合わせて挿入したい場合、ひとつめの手段として「塗りつぶし」を使うという方法があります。 図をクリックで選択します。

最初に図形を描画し、画像で塗りつぶし、画像の透明度を調整します。 [挿入]、[図形] の順に選択します。 表示されるギャラリーから図形を選択します。 ドキュメントに図形を描画し、その図形に追加しようとしている図と同じ縦横比になるようにします。 図形を選びます。 [線 > >表示しない