中学生 バスケ トレーニング

身体能力を高めるトレーニング3種目. 中学生時代は筋トレばかりではもったいないので、身体能力を高めるトレーニングも積極的に行うべきです。 「脚が早くなりたい!」「ジャンプ力を高めたい! 中学生の上級生にもなると、戦術的なものも理解できるようになってくるので、ここで、より専門的な内容を教わることで試合巧者と呼ばれるようなバスケに詳しいプレイヤーになることができます。 バスケの体力をつけるためのラントレを紹介していきます。外でできるラントレ3種類と、コートで行う2種類のラントレを紹介しています。ちなみにですが、マラソンとバスケは全く別物のスポーツなので、マラソンのように一定のペースでランニングをしていてもバスケの体力はつきませんよ。 家で簡単にできる体力をつける方法を<<元中学校教師道山ケイ>>が解説!サッカー、バスケ、水泳、陸上、バトミントンなど様々なスポーツで実践できる効果的な体力アップテクニックです! 中学生のうちから、正しい着地を心がけてジャンプトレーニングを行うと、怪我のリスクも減ります。 ジャンプ力の向上はもちろん、正しい着地ができるようになると、ジャンプした後の次の動作にもスムーズに移りやすくなります。 身体能力を高めるトレーニング3種目. バスケで筋トレは大事です。でも、体幹トレーニングはもっと大事です。バスケをしている人でどんだけ筋肉があっても当たり負けてしまう人や、フィニッシュができない人がいると思います。そんな人に共通しているのが、「体の幹」=「体幹」の弱さです。 バスケットボールは、体の末端、つまり手や足を主に使うスポーツですが、大事なのは体幹です。 体幹が安定していれば、体の末端を激しく動かしても、バランスが崩れることはありません。 そして、体の大きい相手に「力負けしない」ために欠かせません。 筋肉を付けるトレーニングには主に2種類あって、自分の体重を利用した腕立て伏せなどの自重トレーニングと、バーベルやダンベルを利用したベンチプレスなどのウエイトトレーニングです。 この内中学生の皆さんにおすすめなのが 自重トレーニング です。 バスケットボールがうまくなるための練習メニューは知っていますか。ただ何も考えずに漠然と練習をしているだけでは、いくらやってもうまくなれません。 私も決してうまいわけではないですが、中学、高校とバスケ… スポーツジュニアの成長期ならではのからだの変化と、ジュニア期に必要な「敏しょう性」と「コーディネーション能力(運動神経)」のトレーニングをご紹介します。 バスケ上達のコツと初心者におすすめの練習方法&トレーニング【まとめ】 2018.04.22 背泳ぎのよくある間違い! 入水の仕方に特化したストローク上達まとめ 2017.11.08 バスケに必要な体力とトレーニング方法! バスケコーチング 2017.3.19 試合で得点を量産するバスケ選手のシュートチャンスを生み出す3つのテクニック! バスケコーチング 2018.4.22 バスケ上達のコツと初心者におすすめの練習方法&トレーニング【まとめ】 バスケ初心者のためのレイアップシュート習得3ステップ! 2018.08.07; バスケ初心者がシュート上達のために学ぶべき3つの知識 2018.07.06; 水泳上達のコツと初心者にオススメの練習方法&トレーニング【まとめ】 2018.04.22 中学生時代は筋トレばかりではもったいないので、身体能力を高めるトレーニングも積極的に行うべきです。 「脚が早くなりたい!」「ジャンプ力を高めたい!