司法書士 過去 問 重要性

どんな試験でも重要とされる過去問対策。司法書士試験においても過去問への取り組みは必須です。過去問の入試方法や取り組み方など、様々な点から過去問対策について説明しています。 こんにちは。コロ助(@xsasbabxb)です。 今回は司法書士試験択一に過去問集は必要かという話です。 そういう声が聞こえてきそうです。 たしかに合格体験記には「過去問集を10周回して合格した!」と … 司法書士試験の商法・会社法は,判例及び条文から出題されますが,大多数の出題を占めるのは,条文の知識問題です。 司法書士試験において過去問は合格の必須アイテムです。過去問を一切検討せずに合格するという司法書士受験生は絶無です。 本記事では、比較的初学者の方向けに、 過去問の重要性 と 過去問を使った勉強方法 について、詳しく解説します。 また,多肢択一式試験の配点は1問3点なので,商法・会社法の多肢択一式試験で27点程度出題されることになります。 出題傾向と特性.