外郭 放 水路 翔 んで 埼玉

首都圏外郭放水路見学会予約サイト(reservation site) 首都圏の地底50mを流れる「首都圏外郭放水路」は、日本が世界に誇る最先端の土木技術を結集して建設された世界最大級の地下河川です。とりわけ“防災地下神殿”と称される調圧水槽の壮大なスケールが人気を集めており、米国CNN 埼玉から東京へと流れる中川・綾瀬川の流域は、利根川、江戸川、荒川といった大きな川に囲まれていることもあり、洪水などの水害が多い地域でした。 立体地図を見ると、中央付近にある中川・綾瀬川の流域の標高が低く、水害に弱い地形だというのが分かりますね。 こうした水害を防ぐた� 首都圏外郭放水路は、洪水を防ぐために建設された世界最大級の地下放水路です。中川、倉松川、大落古利根川、18号水路、幸松川といった中小河川が洪水となった時、洪水の一部をゆとりのある江戸川へと流すことができます。 2015年9月9日、積乱雲が帯状に連なる線状降水帯が栃木県と茨城県の上空に停滞し、長い間集中豪雨をもたらした。気象庁は「特別警報」を発し最大限の警戒を呼びかけた。記録的豪雨が大地を叩き続け河川の氾濫が相次いだ。大洪水は関東・東北の両地方に集中した。 地域の治水施設である「首都圏外郭放水路」の役割をもっと深く知っていただけるように、社会実験第2弾として新たな3コースの見学会がスタート。首都圏外郭放水路の壮大さをぜひご体感ください。