Wordpress コンテンツ 横幅


BizVektorで画面全体の幅を100%に広げる方法を紹介します。検証したバージョンはBizVektor 1.9.13、デザインスキンはRebuildです。仕上がりイメージは次のようになります。 加工前のBizVektorは次のようなイメージです。ヘッダー画像を含めて画面全体の幅は950pxになっています。 これでかなりコンテンツの幅が広がったハズです。同じTwentyTwelveなのに、全然違った感じがすることでしょう☆.

WordPressデザインブック ステップバイステップ形式でマスターできる
当サイトでも使っているワードプレスのテーマファイル「Lightning」便利ですねぇ。日本語の解説サイトがあるので助かります。デフォルトでロゴ画像のサイズが固定されていたり、メニューが付いてきたり少し不便はありますが自分なりに改造していけば良い感じです。 当ブログは無料テーマ「Cocoon」を使って運営してますが、今までデフォルトの記事幅で書いてきました。 しかしそれだと幅が広すぎるため、読む際に目の横移動が必然的に多くなっていました。 今回は無料テーマ「Cocoon」における記事幅と余白の変更方法についてまとめました。 Lightningのテーマ(WordPress)は、コンテンツとサイドバーの間の幅(隙間)が広すぎるので、隙間を無くします。Bootstrap(ブートストラップ)ベースなので幅の調整は楽です。

今回はTwentyTwelveの全体の幅、記事コンテンツの横幅とサイドバーの横幅を広くしたり、狭くするカスタマイズを紹介します。TwentyTwelveの初期状態ではコンテンツ全体の横幅が960pxになっています。以前無料ブログでブログを作 WordPressは初心者でも簡単にWebサイトを作ることができる人気のソフトウェアです。 しかし、機能がやや複雑で初めてWordPressに挑戦する人には導入時のハードルがやや高く、どのように設定すればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

WordPressでブログを運営するなら、有料のテンプレートを使った方がカスタマイズは簡単に行える。 けれども、自分の力でブログを作り上げていく感動があってもいいよね。 今回は、Simplicity2で本文 コンテンツ幅はテーマ機能のひとつで、バージョン 2.6 から導入されました。 この機能を使うと、例えば oEmbed 埋め込みや投稿内の画像などといったあらゆるコンテンツの最大幅をテーマ内で設定可能になります。.